プロフィール
アコヤ
アコヤ
あと、小説も書いてます。


http://p.booklog.jp/book/7869
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
Information
オタクの電脳

2012年04月27日

埼玉☆最強

彼と一緒に住む、安くて広い部屋を探していたのは、今年の始めだった。
その頃彼は仕事が忙しく、私は母を亡くしたばかりで集中力に欠けている状態だった。

確か、彼の仕事が一段落した時に、不動産屋さんを見て回るようになった気がする。
というのも、母を亡くした前後、相当ストレスを感じていたようで私の記憶はポロポロと抜け落ちていて曖昧なのだ。

いつも私が動けるようにアクセルを踏んでくれる彼だが、今回もそうだった。

部屋が広くないと困るのは、彼がオタクだからなのだけれど、それは目をつぶってあげようと思った。

それで決まった引越し先は、埼玉県だった。

埼玉! 
正直、埼玉は、、、と思った。
東京から埼玉に引っ越すわけだし。
腐っても東京なわけで。
私の出身は神奈川県厚木市なのだけれど、これまで埼玉には縁がなかった。
行く機会もなかったし、土地に魅力を感じたこともなかった。

私はいままで東京と神奈川にしか住んだことがなかった。
東京はそれこそ見どころはたくさんある。神奈川だって、幕府があった程の鎌倉があり、江ノ島だってある。それに第3新東京・箱根もある。そして横浜・小田原・相模の国、マッカーサーも降り立ったB級グルメで有名なシロコロがあるあの厚木もあるわけで。

余談になるけれど、いつだかテレビでマツコが『横浜の人たちが実は大阪の人たちより、東京にライバル心があるんじゃないかと思う』というようなことを言ってたけど、それはわかる。私も横浜の人が横浜一番と言っていたのを聞いたことあるし。厚木に住んでいた私は、友人と遊ぶのであれば、横浜など目もくれず渋谷に行っていた。どこかで横浜から鼻につく嫌味を感じ取っていたからだ。いまも横浜で遊ぶという発想は出てこない。そしてもうひとつ嫌味を感じる場所があるのだけど、それは海老名。厚木の横で最近目立ってきているので。ああ、海老名の名前をブログに書いてしまった(笑)

それまで考えてこなかったけれど、東京の中心を山手線の丸の中だとして、それから離れると郊外にとすると、神奈川が微妙なんだよね。その丸から離れても世田谷区があって神奈川に突入していく感じで。おしゃれを引きずっている。それに比べ、埼玉・千葉、どうしたよ。

私は神奈川県で生まれて、変なプライドがあったようだ。

埼玉ってなんにもないよね?
スーパーアリーナくらい?
それに埼玉って、ださいたまだよね?
ださいたま県民になるの?
嫌だーー!!
挙句の果てには、玉ってーー!!
と、日暮里のサイゼリヤで爆笑しながら彼とご飯を食べていたのは覚えている。

彼は埼玉になにがあるかを検索していたっけ。
そしたらアニメの舞台になっていた場所が埼玉にあった。
『らき☆すた』『あの花』と私がしっかり観ていたアニメの。
それは行ってみたいと少しばかり期待をした。

引越し先はそーんなに山手線から離れていない。なのに。。。
駅周辺に、ジャージ姿の人が多い。
デッ、デカルチャー☆ミ
気のせいか、顔レベルも。。
公園には自転車にまたがった明らかに中学生の男女がいて、その中のまだウブな女の子がタバコを吸っているではないか! 私は注意するとかそういうこと以前にドン引きしていた。

買い物に行けば、お店はいっぱいあるのにその間隔が遠い。永遠に。ひとつのお店に入るにしても、まず駐車場が広くって、入口が遠い。お店の中に入ったら入ったで、セグウェイ必要だし。

東京情報として、東京のお店には駐車場などまずない。もし東京でドライブしていてトイレに行きたくなったら、さあ大変。どこか有料駐車場を見つけて止めて、近くのお店でトイレを借りるしかない。

東京は駅周辺に小さなお店がぎゅっと詰まっていて、買い物しやすい。

埼玉ときたら、、、スーパーで親子が追いかけっこしてたよ。私も参加したいくらい楽しそうに。

彼と外食をしようとお店に入れば、「お二人席でよろしいですか?」と訊かれ、きっと狭い席なんだろうなと案内されると、周りの席とも距離のあるゆとりがある二人席だった。

東京だったら、二人席と言えば料理を多めに頼んでしまったら置き場所がなくなる。それに、隣の人とも近く、隣人たちの会話や行動が否応なく気になる。けどそれも込で、めしあがれ~♪なわけで。

なにより埼玉で驚いたのは、人が間違ってぶつかってしまってもイライラしないんだね。この前、スーパーで人に軽くぶつかられ、うん?!って見たら、その人ふわーっと行ってしまうんだよね。私はえっ?ってなった。だってぶつかったら、ぶつかった人は邪魔なんじゃオマエ!とイラっとしていて、ぶつかられた方はどこ見て歩いてんじゃボケ!でイラっとするのが当たり前な地域で私は育ってきた。この感覚、薄れて行くのか。

自意識過剰な人々が当たり前だった。それが刺激的? 化学反応を生み出す? いや、イライラすることが多かったんじゃないかな。

私がヒトの行動を研究している人なら、狭い所で住んでる人たちと、広々した所に住んでいる人たちの行動の違いとか性格とか研究しちゃうよ。分かりきったことかもしれないけど。

あれっ?

埼玉、住みやすくないか?!

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。